【root化】Galaxy S3(SC-06D)のroot化手順

Galaxy S3(SC-06D)のroot化手順は色々公開されていますが、私も実行しましたので、他のサイトには細かくて掲載されていない引っかかった点も含めて記事を書きます。

参考サイト
giuliettaさんのroot化手順

注意事項root化によって、キャリアとメーカーの補償は一切きかなくなります。

また、作業中にデータが消えたり、Galaxy S3(SC-06D)が起動しなくなってしまったとしても、当方では一切責任は負えません。

全て自己責任で作業を行ってください。

前提条件

■root化されていない事
■デバイスドライバがきっちりインストールされている事(samsung Kiesをインストールするとちゃんとドライバがインストールされると思います。私はsamsung Kiesをインストールしています)
■adbが使用可能な事
■samsung Kiesやisyncr等のGalaxy S3をPC接続した際、自動的に起動するプログラムが停止している事

必要ツールのダウンロード

AndroidSDK
公式ファームウェアSC06DOMALG1をダウンロード
samsung Kies
ODIN3 v.1.85
Rooting_kitのダウンロード
参考PC環境
■AndroidSDKインストールディレクトリ
C:¥AndroidSDK

LG1へのダウングレード手順

この手順はお持ちのGalaxy S3ビルド番号の末尾がLG1の場合不要ですので、読み飛ばして下さい。

■SC-06D本体の「設定」-「開発者向けオプション」でUSBデバッグモードに変更。
■SC-06Dの電源オフ。
■SC-06DのHOME+VoLDown+電源ボタン長押し。ダウンロードモードで起動。
■警告画面が出てきます。
■USBでPCと接続。
■PCにダウンロードしたobin3.exeを実行。
■警告の出てるダウンロードモード画面でVolUPを押して進む。
■Obin3画面の左上にあるIDボックスが水色になったらSC-06Dの認識完了。

※この時Kies等のプロセスがあれば、COMポートを占有?している為、odinが「Can’t open the serial(COM) port」で失敗する

■Obin3画面右中程PDAのボックスに、ダウンロードした公式ファームウェアLG1のファイル(SC06DOMALG1_SC06DOMALG1_SC06DDCMALG1_HOME.tar.md5)を指定。

■Obin3の右下「start」ボタンを押してロムを転送。
7,8分かかります。
■Obin3画面左上のボックスに「PASS」と出たら完了。
自動的にSC-06Dが再起動されます。USBを抜いても大丈夫。

Galaxy S3ビルド番号の末尾がLG1となっていれば完了。

LG1でのroot化手順

■SC-06D本体の「設定」-「開発者向けオプション」でUSBデバッグモードに変更。
■ダウンロードしたSC_06D_rooting_kit中のRunMe.bat実行

コマンドプロンプトが開きますが、まだ実行してはいけません。
■SC-06DをPCに接続
■SC_06D_rooting_kit実行
※この時「ハードウェアIDがありません」という接続エラーが起きました。別USBポート接続&別ケーブルでroot化に成功しましたので、同じ現象が起きた方は試してみて下さい。
「root化中…」と表示されるのでしばらく待ちます。
「suテスト」と表示されますので、ひたすら待ちます。
suテストと表示された下にuid、gidが0の表示が出ればRoot化成功です。

CWM導入手順

なぜかSC_06D_rooting_kit中のRunMe.batではCWM導入が自動化されなかったので、CWMを個別にインストールする。
■SC-06D本体の「設定」-「開発者向けオプション」でUSBデバッグモードに変更。
■ダウンロードしたSC_06D_rooting_kit中のInstall_cwm.bat実行

CWM画面で起動すれば成功

root化後にインストールしておくアプリ

■superSU
■OTA RootKeeper

Get it on Google Play


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*