【MVNO】DTI serverman SIMのセルスタンバイについて


DTIのserverman SIMにて、セルスタンバイに関してのバッテリー消費が改善されるとの記事を見つけましたので、レビューしたいと思います。

そもそもセルスタンバイ問題とは?

スマフォを利用している方で、データ専用SIMを過去に利用した事がある方なら分かると思うのですが、セルスタンバイというプロセスがとてもバッテリーを消費する問題の事です(docomo SIMは対象外)。原因としては、データ専用SIMにも関わらず、音声通話用電波を検索し続け、音声通話圏外状態が100%となるからです。
解決方法としては、スマフォのシステムファイルを直接編集するか、カスタムROMをインストールするか、音声通話可能なSIMにするかしかありませんでした。
セルスタンバイ問題についてはIIJmioの方がとても詳しく解説,調査されています(サイトURLは忘れました、、、)。

DTI serverman SIMでのセルスタンバイ問題対策方法

serverman SIMでは音声通話プランを用意する訳では無く、音声通話電波をSMSサービスでキャッチ出来るようにしようというものでした(あくまで主観でありDTIは単にSMSサービスを提供可能にしただけだ!!というかもしれません)。
この対策は素晴らしい!!!と思います。
私もセルスタンバイ問題については悩まされた一人ですので、システムファイルの編集を行わなくてもセルスタンバイ問題が発生しないのは驚きです。
IIJmioでも過去に音声通話電波のキャッチを可能にするという提案が社内でも出た事があるらしいのですが、コストが尋常ではないという理由で見送られたとの事です。
IIJmio SIMを利用している私にとっては、SMSオプションを付けて欲しいなと思いました。
今後のデータSIM取り扱い会社に期待ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*