【カスタム】au版 Galaxy S5[SCL23] SpaceX カスタムROM導入手順レビュー

【root化】au版 Galaxy S5[SCL23] root化手順レビューにてroot化を行いました。
Android Lolipopに興味があり、カスタムROMを探していた所、SpaceXというSCL23向けにもカスタムされているROMを発見しました。SpaceX ROM化に成功しましたので、手順をレビューしたいと思います。


注意事項root化によって、キャリアとメーカーの補償は一切きかなくなります。

また、作業中にデータが消えたり、Galaxy S5(SCL23)が起動しなくなってしまったとしても、当方では一切責任は負えません。

全て自己責任で作業を行ってください。

前提条件

■SCL23がroot化済みである事
■カスタムリカバリが導入済みである事

root化&カスタムリカバリ導入されていない場合【root化】au版 Galaxy S5[SCL23] root化手順レビューを元にroot化して下さい。

事前準備物

■Odin
こちら

■SpaceX ROM
ROM SpaceX 4.2 LP
「1. G900F, SCL23, SC-04F (Only):」をダウンロードします。
ファイル名 : GalaxyS5_G900F-J-D_SpaceX-LP_V4.2_JAN262015.zip

Galaxy S5(SCL23)SpaceX ROM化手順

端末のSDカードもしくは外部SDカードにROMをコピーしておきます。

■TWRPリカバリでの作業
端末の電源を切ります。
[電源]ボタン + [HOME]ボタン + [Vol UP]ボタンにてTWRPリカバリに入ります。

[Install]選択
この時、一切Wipeは行っていません。ROM Install途中でsystemやdataをWipeします。
私はROM焼き前にフルWipeを行って焼きましたが、失敗しました。
GalaxyS5_scl23_spacex_rom_002

SDカードへコピーしていたROMを選択
GalaxyS5_scl23_spacex_rom_003

[Swipe to Confirm Flash]スワイプ
GalaxyS5_scl23_spacex_rom_004

SPACEXというインストーラーが立ち上がります
GalaxyS5_scl23_spacex_rom_005

[Next]選択
GalaxyS5_scl23_spacex_rom_006

[I Agree with this]チェック
[Next]選択
GalaxyS5_scl23_spacex_rom_007

full wipeにて[Yes]選択
[Next]選択
GalaxyS5_scl23_spacex_rom_008

[SCL23]選択
[Next]選択
GalaxyS5_scl23_spacex_rom_009

デフォルト言語[English]選択
[Next]選択
GalaxyS5_scl23_spacex_rom_010

[Disabled lunar]選択
※これは何を無効化するか不明です
[Next]選択
GalaxyS5_scl23_spacex_rom_011

[Next]選択
GalaxyS5_scl23_spacex_rom_012

ROM焼きが始まります
GalaxyS5_scl23_spacex_rom_013

ROM焼きが完了しました。
[Next]選択
GalaxyS5_scl23_spacex_rom_014

[Reboot your device now]チェック
[Finish]選択
GalaxyS5_scl23_spacex_rom_015

■ROM焼き後の端末設定
再起動され、auロゴが出現します
GalaxyS5_scl23_spacex_rom_016

SAMSUNGロゴが表示されます。
ここで注意なのですが、この画面のまま一行に遷移しません。
ROM焼き直後の起動時のみもの凄く時間が掛かります。私は20分程待ちました。辛抱強く待ちます。
GalaxyS5_scl23_spacex_rom_017

[Turn on mobile data connection]チェック
[OK]選択
GalaxyS5_scl23_spacex_rom_018

言語選択画面
GalaxyS5_scl23_spacex_rom_019

[日本語]選択
ここからはAndroidの標準的なセットアップとなります
GalaxyS5_scl23_spacex_rom_020

Wifi接続設定
GalaxyS5_scl23_spacex_rom_021

EULAおよび診断データ設定
GalaxyS5_scl23_spacex_rom_022

Googleアカウント設定
GalaxyS5_scl23_spacex_rom_023

GalaxyS5_scl23_spacex_rom_024

バックアップから復元設定
GalaxyS5_scl23_spacex_rom_025

GalaxyS5_scl23_spacex_rom_026

GalaxyS5_scl23_spacex_rom_027

SAMSUNGアカウント設定
GalaxyS5_scl23_spacex_rom_028

GalaxyS5_scl23_spacex_rom_029

デバイス名称設定
GalaxyS5_scl23_spacex_rom_030

無事SpaceX ROMのトップ画面が表示されました
GalaxyS5_scl23_spacex_rom_031

■ROM焼き結果確認
[Androidバージョン]が5.0と表示されています
GalaxyS5_scl23_spacex_rom_032

[ビルド番号]が「SpaceX V4.2 – LP」と表示されています
GalaxyS5_scl23_spacex_rom_033

初期ROMにてSIM UNLOCK状態のままROM焼きを行いましたので、SIM UNLOCK維持されています
GalaxyS5_scl23_spacex_rom_034

デフォルトで主要APNが作成されています。
恐らく挿しているSIM認識でAPNが作成されているようです
GalaxyS5_scl23_spacex_rom_035

Plala APN設定
GalaxyS5_scl23_spacex_rom_036

GalaxyS5_scl23_spacex_rom_037

GalaxyS5_scl23_spacex_rom_038

無事ネットワーク接続されました
GalaxyS5_scl23_spacex_rom_039

3G接続状態
GalaxyS5_scl23_spacex_rom_040

Blue tooth テザリングも問題無し
GalaxyS5_scl23_spacex_rom_041

GalaxyS5_scl23_spacex_rom_042

GalaxyS5_scl23_spacex_rom_043

Galaxy S5(SCL23)SpaceX ROM化後、1日運用してみたバッテリー持ち結果

■運用状況
・画面制度 – (auto)照度 -2
GalaxyS5_scl23_spacex_rom_048

■出勤前状態
GalaxyS5_scl23_spacex_rom_044

GalaxyS5_scl23_spacex_rom_045

■15:30頃バッテリー状況
残89%です。あまり端末を利用していなかったとはいえ、かなり優秀だと思います。
GalaxyS5_scl23_spacex_rom_046

GalaxyS5_scl23_spacex_rom_047

■18:00頃バッテリー状況
残78%です。15:00頃同様かなり優秀だと思います。
GalaxyS5_scl23_spacex_rom_049

■帰宅後状態
残66%です。電車にてニュースやマンガ等をずっと利用していたにも関わらず、最終のバッテリー消費は優秀だと感じています。
GalaxyS5_scl23_spacex_rom_050

GalaxyS5_scl23_spacex_rom_051

【カスタム】au版 Galaxy S5[SCL23] SpaceX カスタムROM導入手順レビュー” への28件のコメント

    • williamさんコメントありがとうございます。

      当方おサイフケータイ機能は利用しませんので未確認です。
      海外ROMがベースだと思われますので、おサイフケータイ機能は利用不可と思われます。

  1. 初期ROM焼いた後、SIM UNLOCKを行わずにこのレビュー通りSpaceXのカスタムROMを導入しましたが、充電時間がすごく長くなりました(電池状態画面で8時間の見込みが表示されます)。電池の持ちも悪そうです。もう一回初期ROMを焼いてみたら、本体が起動できなくなりました。SpaceXのROMに戻すしかできません。SIM UNLOCKが必要ですか。カスタムROMの状態でUNLOCKできますか。

    • alanさんコメントありがとうございます。

      当方充電時間に変化はありません、、、。
      電池の持ちも特に悪いとは感じませんね、、、。
      電池消費はどのアプリが消費していますか?セルスタンバイやAndroid OSがバッテリー消費を占有していますか?
      Odinから初期ROMに焼戻しは成功しています(何度もSpaceX ROM焼きに失敗しました)。
      SIM UNLOCKは必須では無いと思います(Base Bandは焼かない為)。

      カスタムROMの状態でUNLOCKを行うには、当方初期ROMにてUNLOCKを行っていないと電話アプリからService Modeに入れませんでした。

      Lolipop快適ですよ。唯一残念なのがGPSですね、、、。これは純正ROMでも発生している事象と思われますが、、、。

  2. 「接続を確認中。これには最大で1分かかります。」
    という画面から一向に進みません。なぜだか分かりますか?

    • masanoriさんコメントありがとうございます。

      メッセージ箇所がどの画面か分かりませんが、SpaceX での起動までは行きましたか?
      モバイル通信にて止まっているのでしょうか?

  3. 当然と言えば当然なのですが、SpaceX導入後、クレードル充電ができなくなりました。AU謹製のモジュール・ライブラリを入れる必要があると思い、探しておりますがなかなか見つからず。。。みなさん、クレードル充電はやはりできない感じでしょうか?

    • hideoさんコメントありがとうございます。

      有益な情報ありがとうございます。当方クレードルを利用した事が無く、MicroUSB経由のみでの充電ですので気付きませんでした。
      AU謹製のモジュールは不明ですね。純正ROMから引張出せないものなのでしょうか、、、
      お力になれず残念です。
      SpaceXかなり良く感じませんか?

      • 返信ありがとうございます。そうなんです! かなり良いのです、SpaceX!
        なので、今までできていてSpaceX導入後にできなくなったクレードル充電ができれば、完璧になります。

        そうですね。純正ROMに戻して、/init.d/あたりから起動時に読み込むプログラム調べてみればわかるかもしれませんね。示唆をありがとうございます。

        時間ができたときに純正ROMに戻していろいろとやってみたいと思います。一度SpaceXを入れてしまうと、もう後戻りができなくて。。 🙂
        成功したら、またこちらにフィードバックさせていただきます

        • 返信ありがとうございます。
          また結果フィードバック頂けるとありがたいです。
          今後も当ブログを宜しくお願い致します。

    • faronさんコメントありがとうございます。
      当方E-MOBILE SIMで接続していますがセルスタンバイ問題は発生していませんね。
      音声通話orSMSに対応しているSIMであれば問題無いと思いますよ。

  4. 記事を参考にさせて戴き、CL23KDU1BNE4(rooted)からSIMロック解除後に、TWRPにてSpaceX V4.2を導入した者です。
    作業中はKDDIのSIM挿しっ放しでしたが、SpaceX V4.2が起動した時はKDDIの電波は掴んでくれておらず、バックアップから復元設定を済ませてもデータ通信はできないまま(APNは何も生成されていませんでした)でしたので、uno.au-net.ne.jpというAPNを手動で設定することで4G接続できました。
    が、再起動したらKDDIの電波をロストしておりました。しかしここでなんとなく思い立って、一旦フライトモード(ほんの数秒でOK)にして、フライトモードを解除したら、途端に4G接続が復活しました。私の環境では何度再起動してもそのままでは電波を掴んでませんが、ほんの数秒フライトモードを経由することで4G接続が確立されるのがわかったので、現在はTaskerとSecure Settingsを連動させ、再起動をトリガーにしてフライトモードに入って10秒後(数秒でOKですがここは念のため)にフライトモード解除までを自動化しています。
    1つ気になることは、節電対策で使っていたJuiceDefenderという通信制御系のアプリが何度起動させても数秒で停止してしまうことです。とはいえ、そもそも電池の持ちがよいROMのようなのでなくても問題ないと思いますが。
    ちなみに、音声電話の発着信についてはともに問題なくできました。
    NFCと指紋認証については、純正ROM時代から無効化していて使ったことがないので本ROMでも未確認です。長文で失礼しました。

    • ∫Τ∀Ⓡ ∟∃∬さんコメントありがとうございます。
      貴重な情報ありがとうございます。
      au simではそのような事象が発生するのですね、、、。当方E-MOBILE SIMにて運用していましたが、特段4G接続が切れるという事は無く、再起動後1時間もあれば自動的に4G接続になっているような感じでした。

  5. ご丁寧に返信恐縮です。

    firewall系はきちんと動作するようなのですが、バッテリーを持たせるための通信制御系のアプリは何種類か試しましたが強制終了したり、勝手にWIFIになったりしますので環境によってはご注意を。

    あと、他で解像度変更について報告例をあまりみかけない気がするので書込みさせていただきます。
    SCL23純正ROMでrooted後にLDC変更をしますと(内容は失念しましたが)エラーのポップアップが無限にでてしまい、私程度では対処できずにデフォルトの解像度ままで泣く泣く使っていたのですが、SpaceXではLDCをデフォルトの480から320に変更しても特にエラー等なく快適に使えております(320という数値については、単に私の指や眼を駆使してまともに操作できる限界値です)。

    ただしカメラは元の解像度の分(?)しか表示されません。起動させてもディスプレイが余白だらけになりますし、タップするポイントがずれてますので見えているところをたよりにシャッター部分をタップしても実際には違う項目が起動したりしますので慣れが必要です。

    私はボリュームキーで撮影する設定にすることで、なんとか実用にこぎつけました。アプリ単位で解像度の変更が可能なものがあれば導入したいところです。xposedにそんなモジュールがあったような、気もするのですが、とりあえず今はSAMSUNG端末でのブートループ問題が解消されたXposed FrameworkのLollipop対応版待ちです。

    デフォルトのままで驚くほど電池が持つので、乗り換えて本当によかったなと思っております。このような丁寧な解説じゃなければ導入には踏み切れませんでした。ありがとうございました。

    • 度々貴重な情報ありがとうございます。
      解像度の変更やカメラ周りの情報かなり役立ちます。
      SpaceX ROMは私自身かなり電池持ちが良いという認識で、純正ROMよりも圧倒的なバッテリー持ちと感じています。
      今後も当ブログを宜しくお願い致します。

  6. SpaceXを焼いた後、SIMロックを解除していないことに気が付き、Odinで初期ロムに焼き戻したのですが起動ができません。
    どうにかして起動する方法は無いでしょうか。
    焼き方は成功してるようなのですが起動ができなんですよね。。。 
    前にも同じ症状の方がいたようですが解決方法が見つからないので質問させていただきます。

    • keiさんコメントありがとうございます。
      返信が遅くなりすいません。

      当方もROM焼き当初は失敗ばかりで、何回も初期ROMに戻して作業を行っていましたが、問題無く起動していました。
      初期ROM焼き時、FULL WIPEしてもダメでしょうか?

  7. SIMアンロック済みだとServiceMode入れますか?
    自分は5.0を焼いたのですが、SIMロック解除済みですが
    ServiceModeに入れません…。

    • KAZUさんコメントありがとうございます。
      返事が遅くなりすいません。

      SIMアンロック状態だとServiceModeに入れますが、、、何か違いがあるのか不明ですね、、、
      お力になれず申し訳ありません。

  8. 一つ聞きたいんですけど、このromはSCL23に入れているみたいなんですけどということはauのlte回線のsimは使えるってことでしょうか?

    • kentaさんコメントありがとうございます。
      返事が遅くなりすいません。

      ご質問の件ですが、当方au SIMでの実績はありません。ですが、SCL23向けのROMですので、問題無く通信可能だと思われます。APN設定さえ行えばいいと思いますよ。

  9. auのsimですが他の人のコメントをみてなんとか4G接続までにはこぎつけたのですが、SMSはできないのでしょうか?

    • yutoさんコメントありがとうございます。

      APN接続さえ問題無く行っていれば、au SIMでも通話は可能だと思います。
      通話は出来ていますでしょうか?通話さえ出来ていればSMSも問題無いと思われます。

  10. いろいろとカスタムロムがでてきて楽しまさせてもらってます。SpaceXについては、こちらの記事を参考に祭神バージョン5.0を入れてみました。
    ここへ他の方もコメントしてましたが、
    1 極端に充電が遅くなる
    (10時間以上)
    2 AU系では試してないがdocomo系SIM(MVNO)で利用した場合にアンテナが正しく表示されたりされなかったりコロコロかわる
    (○に斜線マークが出てるのにHがついてなぜか通信できる状態など)
    これらの問題がなければとても早くて使いやすいかもしれませんね。
    治ればいいのですが。。

    • たばぉさんコメントありがとうございます。

      アンテナピクト問題があるのですね、、、。当方常用している訳ではありませんので気付きませんでした、、、。
      SpaceX ROMは素晴らしいですね。今後ROM側でパッチが当たるといいですね。

      今後も当ブログを宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*