【root化】Cyanogenmod9(CM9)化後のバッテリー持ちについて

先日記載した【root化】Galaxy S3(SC-06D)をCyanogenmod9(CM9)化する手順でCM9化しました。その後のバッテリー持ちについて書きたいと思います。

CM9 stableでも純正ROMには勝てず

結論から言うと、バッテリー持ちは良い方ですが、私の用途では一日持ちません。

■純正ROMでの使用方法とバッテリー残量について
【カスタム】Galaxy S3(SC-06D)のバッテリー持ち改善part1の手順で夕方でもバッテリー残量50%程度はあります。

■CM9 stable使用方法とバッテリー残量について
・出勤時、Goodリーダーアプリで記事を4~5つ読む
・出勤時、読めるモアプリで記事を10個程読む
・ブラウザで10分程WEBブラウジング
ほとんど使用していないという感覚ですが、夕方前にバッテリーが50%程度まで減っていました。私としては、通常利用していたとして、夕方には10%も残っていなかったのではないかと感じました。
夕方時点でのバッテリーグラフを載せます。

グラフを見る限り、セルスタンバイが思ったよりバッテリー消費しているように見受けられます。純正ROMの省電力モードが一番バッテリー消費が少ないですね、、、。カスタムROMで色々楽しみたかったのですが、バッテリーが一日持たないのはちょっと問題ですので、純正ROMに戻しました。
カスタムROMでもバッテリーが純正レベルに良い物があれば教えて欲しいです。

Get it on Google Play


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*