【root化】Galaxy S3(SC-06D)のroot化後のLI3へのアップデート手順

先日書いた記事の続きになります。

Galaxy S3(SC-06D)の最新ビルド番号(2012年11月27日時点)はLJ3ですが、LG1→LI3までのアップデート手順になります。

注意事項root化によって、キャリアとメーカーの補償は一切きかなくなります。

また、作業中にデータが消えたり、Galaxy S3(SC-06D)が起動しなくなってしまったとしても、当方では一切責任は負えません。

全て自己責任で作業を行ってください。

前提条件

■ビルド番号LG1にてroot化されている
■デバイスドライバがきっちりインストールされている事(samsung Kiesをインストールするとちゃんとドライバがインストールされると思います。私はsamsung Kiesをインストールしています)
■adbが使用可能な事
■samsung Kiesやisyncr等のGalaxy S3をPC接続した際、自動的に起動するプログラムが停止している事

必要ツールのダウンロード

AndroidSDK
公式ファームウェアSC06DOMALG6をダウンロード
公式ファームウェアSC06DOMALI3をダウンロード
samsung Kies
ODIN3 v.1.85
Rooting_kitのダウンロード

参考PC環境
■AndroidSDKインストールディレクトリ
C:¥AndroidSDK

LG1→LG6へのアップデート

Android_Loverさんがとても詳しく、丁寧に手順がまとめられていますので、このリンク先を元にアップデート。
Galaxy S3(SC-06D)をRoot権限を維持したままSC06DOMALG6にアップデートする方法。

LG6→LI3へのアップデート

Android_Loverさんのサイトに無かったので、私が行った手順を書きます。

LG6もそうなのですが、LI3もroot化キットは使用出来ません。情報を集めても、root化されていると、OTAのアップデート自体が失敗するとの事です。実際私も試しましたが、アップデートの途中でドロイド君が倒れて失敗しました。

LG6のままでも問題無いかなと思っていましたが、他のサイトでもぼやかれているアップデート通知が永遠に通知され続けるので、うっとおしいです。

手順としては、LI3公式ROMのNON-HLOS.binのみをodinで焼くというもの。
■ダウンロードしたLI3公式ROMを解凍。
■解凍されたSC06DOMALI3_SC06DOMALI3_SC06DDCMALI3_HOME.tar.md5をさらに7zipで解凍。
※下のメッセージが出るが問題無し。

■SC-06D本体の「設定」-「開発者向けオプション」でUSBデバッグモードに変更。
■SC-06Dの電源オフ。
■SC-06DのHOME+VoLDown+電源ボタン長押し。ダウンロードモードで起動。
■警告画面が出てきます。
■USBでPCと接続。
■obin3.exeを実行。
■警告の出てるダウンロードモード画面でVolUPを押して進む。
■Obin3画面の左上にあるIDボックスが水色になったらSC-06Dの認識完了。

※この時Kies等のプロセスがあれば、COMポートを占有?している為、odinが「Can’t open the serial(COM) port」で失敗する

■Obin3画面右中程PHONEのボックスに、解凍したNON-HLOS.binを指定。

■Obin3の右下「start」ボタンを押してロムを転送。
2,3分かかります。
■Obin3画面左上のボックスに「PASS」と出たら完了。
自動的にSC-06Dが再起動されます。USBを抜いても大丈夫。

Galaxy S3ベースバンド番号がLI3となっていれば完了。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*