【レビュー】LINEのリストア可能パターン検証part2


【レビュー】LINEのリストア可能パターン検証で試した方法ではリストア不可でした。LINE3.5.0からLINE自体の機能にトーク履歴のバックアップ・インポート機能が実装されましたので、Titanium Backup ★ rootにてバックアップしたトーク履歴がインポート可能か検証したいと思います。

LINE3.5.0で起動可能なパターン検証

Titanium Backup ★ rootにて4つ分のバックアップ世代を持っていますので、LINE3.5.0にて起動可能なデータバージョンを検証します。

■4つ分の世代バージョンとバックアップ取得日について
・LINE 3.2.4(取得日:2012年10月30日)
・LINE 3.2.7(取得日:2012年11月28日)
・LINE 3.3.4(取得日:2012年12月05日)
・LINE 3.4.0(取得日:2012年12月30日)

■検証環境について
前回同様、バックアップを取得したのはGalaxy S3(SC-06D)です。検証に用いるのはGalaxy S2(SC-02C)です。Android OSのバージョンに若干の差はありますが、両方ともICSですので、検証に影響は出ないと考えています。

検証時は機内モードにして作業を行っていますが、これはバックアップデータのLINEが「利用することができません。」と表示され一瞬でLINEが停止してしまうのを防ぐ為に行っているだけですので、気にしないで下さい。
この画像が出るのを防ぐ為です。

■パターン検証方法
アプリケーションバージョンはLINE3.5.0固定。各バックアップ世代をリストアする際、アプリケーションのデータのみ消去し、Titanium Backup ★ rootにてデータのみリストアします。

パターン1 :アプリデータ2012年10月30日(LINE 3.2.4)

■リストア画面

■LINEトーク画面

■バックアップ取得
トーク毎の[トーク設定] – [トーク履歴をバックアップ]を選択し、zipファイルを取得します。

バックアップを取得したトークには[トーク履歴をインポート]という項目が出ます。

■取得したバックアップファイル

パターン2 : アプリデータ2012年11月28日(LINE 3.2.7)

■リストア画面

■LINEトーク画面

■バックアップ取得
トーク毎の[トーク設定] – [トーク履歴をバックアップ]を選択し、zipファイルを取得します。

■取得したバックアップファイル

パターン3 : アプリデータ2012年12月05日(LINE 3.3.4)

このパターンは、【レビュー】LINEのリストア可能パターン検証でリストア不可のパターンです。このパターンで、トーク画面までいければ、一歩前進です。

■リストア画面

■LINEトーク画面
残念な事に起動してくれませんでした。

パターン4 : アプリデータ2012年12月30日(LINE 3.4.0)

パターン3同様リストア不可のパターンです。このパターンで、トーク画面までいければ、一歩前進です。

■リストア画面

■LINEトーク画面
残念な事に起動してくれませんでした。

最新のトークへバックアップしたトーク履歴をインポート(マージ)可能か検証

パターン2のデータでLINEを起動し、トーク設定にて[トーク履歴のインポート]を行い、マージ可能か検証しました。
■パターン2の初期トーク日付

■インポート操作



■インポート後の初期トーク日付

■結果
なんと!インポート(マージ)出来ました!!まさかマージ出来るとは思っていなかったので、この結果は驚きです。ただ、どういった仕様でインポート出来ているのか不明です。恐らくはアカウント・トーク名でインポートの可否を判定しているように見えます。
しかし、全てのトーク履歴をマージ出来た訳ではありません。3つのトークにてマージを検証しましたが、1つだけマージに成功しました(インポート操作は問題無く終了するが、マージされていない)。失敗したトークは複数メンバートークですので、複数メンバートークも関係している可能性はあります。
バックアップしたトークを持っている方は一度試してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*