【レビュー】スマホ一括0円購入キャンペーン適用結果(SoftBank ディズニーモバイル / DM012SH編)

先日ドスパラなんば店にてキャンペーン中のディズニーモバイル/DM012SHを購入しましたので、現在の携帯維持費用と、購入後の維持費をレビューしたいと思います。

※この記事にて、全ての携帯金額にユニバーサルサービス料3円が加算されますが省略しています。

MNPする前の携帯契約状況

■保有携帯一覧とランニングコスト
全てdocomo回線で4回線保有しています。
・Galaxy S3(SC-06D) 最低運用0円
・Galaxy S3(SC-06D) 最低運用0円
・ガラケー 980円
・ガラケー 980円

Galaxy S3は2012年9月に、auから2回線分をMNPで、一括1万円づつで購入しました。一括1万円で購入する為には、ガラケーを1台づつ契約しなければいけなかったので、ガラケーが2台存在しています。
今回チャレンジしたのは、ガラケーのランニングコストを可能であれば3円運用出来ないかという事で、調べていた所、ドスパラのキャンペーンに行き着きました。

MNP一括0円&キャッシュバックキャンペーン内容

■キャッシュバック金額
他社からのMNP転入にてSoftBank ディズニーモバイル / DM012SHを契約すると、端末購入代金が一括0円で購入出来、現金キャッシュバック43,000円/1回線が着いてくるというものになっています。2台同時契約すると総額キャッシュバックにプラス5,000円が付与されますので、今回の私のキャッシュバック金額は単純計算以下のようになります。

43,000(DM012SH) + 43,000(DM012SH) + 5,000(2台同時ボーナス) = 91,000円

■キャッシュバック適用条件(オプション)
・Wホワイト 980円(翌日解除可。当月は日割り不可でフル課金。)
・基本パック 498円(1ヶ月無料。翌日解除可)
・Yahoo!プレミアム for SB 399円(翌月末まで無料。翌日解除可)
・安心保障パック 498円(1ヶ月無料。翌日解除可)
・コンテンツ15点 5,000円程度/月(2ヶ月分課金されるまで継続必須)

キャッシュバック適用までにかかる経費と維持費について

■初期費用
docomoからのMNPとなりますので、1回線辺りの経費は以下の計算式となります。

・docomo側経費
9,975(途中解約金) + 2,100(MNP転出手数料) = 12,075円

・SoftBank側経費
3,150円(新規事務手数料) + 980円(Wホワイト1ヵ月分) + 約10,000(コンテンツ2ヵ月分) = 14,130円

・1回線辺りのトータル経費
12,075(docomo) + 14,130(SoftBank) = 26,205円

これを2回線分とした場合、26,205 × 2 = 52,410円となります。

■維持費用比較
・docomoガラケー
980 × 2回線 = 1,960円/月

・SoftBankディズニーモバイル
980(ホワイトプラン) + 390(パケットし放題Sの最低運用) + 315(S!ベーシックパック ) = 1,685円/月
1,685 × 2回線 = 3,370円/月

docomoガラケー2回線分の維持費よりも、1,410円/月上がります、、、

実際のキャッシュバック適用について

店頭で申し込みをし、端末が出来上がるのを待っていると、SoftBankスタッフの方がこんな一言を言ってきました。

スタッフ「コンテンツをインストール中に、クレジットカードの決済に失敗します。カード会社に連絡してエラーを解除してもらうか、別なカードはありませんか?」

「エラー?docomoでも同じようにコンテンツインストール作業してもらった事ありますが、エラーなんて出たこと無いですよ」

スタッフ「私どもではクレジットカードのエラーまでは把握出来かねますので、お客様にてクレジットカード会社へご連絡して頂くか、別なカードで試してコンテンツをインストールしないと、キャッシュバック金額が15,000円/1回線減額となります」

「は?意味が分からないです。クレジットカード会社に電話したいのですが、IP電話しかもっていないので、フリーダイヤルに電話出来ないんですね。お店の固定電話をお借り出来ませんか?」

スタッフ「申し訳ありません。個人の方に電話をお貸しする事は出来かねます」

このようなやりとりがあり、結局15,000円/1回線減額 + 2台同時5,000円のキャッシュバックも適用不可との事。キャッシュバック総額から35,000円マイナスされました。カード会社に電話出来ないのは自分も悪い所はありますが、完全に契約締結する前に一言伝えておいて欲しかったです。正直詐欺にあったような気分でした。

私が適用となったキャッシュバック金額と、経費を載せておきます。

■キャッシュバック金額
28,000(DM012SH) + 28,000(DM012SH) = 56,000円

■1回線辺りの経費
・docomo側経費
9,975(途中解約金) + 2,100(MNP転出手数料) = 12,075円

・SoftBank側経費
3,150円(新規事務手数料) + 980円(Wホワイト1ヵ月分) = 4,130円

・1回線辺りのトータル経費
12,075(docomo) + 4,130(SoftBank) = 16,205円

これを2回線分とした場合、16,205 × 2 = 32,410円となります。

総括

■キャッシュバックについて
56,000(キャッシュバック総額) – 32,410(経費) = 23,590円プラス

■毎月の維持費用について
3,370(SoftBank) – 1,960(docomo) = 1,410円増

■今後について
キャッシュバック代金が振り込まれるのが、翌々月の月初~中旬との事ですので、代金が振り込まれたタイミングで、今度こそ3円運用出来る回線にしたいと思います。今回の件でキャッシュバック適用になる際のコンテンツ加入等には、契約締結までにしっかり確認しないといけないなと痛感しましたので、次回からは気を付けようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*